こんな言葉を作ってみました。


人間の歯に関する概要と虫歯について

2014/12/07 16:14

人間の歯は小学校に入学する前までに24本の歯が形成されます。
小学校までに入学する前に生えてきた歯は、乳歯と呼ばれていて、口の中にある虫歯になるための菌の耐性が永久歯よりもなくて、虫歯になりやすいのが特徴です。
ただし、乳歯の虫歯に関しては、虫歯になって使えなくなっても永久歯に生え変わる事ができるので、歯科で適切な治療を行っていれば特に虫歯になっても問題はないです。
小学校に入学してから中学校に入学する前に20本の歯が永久歯に生え変わります。
但し小さい事から生えた4本の歯に関しては、永久歯の扱いです。
人間が大人になるまでに、残りの8本の歯が生えてくるが、永久歯として生え変わる事がないので、虫歯になって使えなくなったら、抜歯などの治療を行わなければならないです。
一方で、大人になったら永久歯として最も奥にある親知らずという歯が存在します。
親知らずは歯茎に隠れている場合が多くて、生えている事に気づかないケースが多いです。
親知らずは前の歯と少し距離を置いて生えるので、細菌が歯茎に侵入して歯肉炎を起こすケースが多いので、親知らずを抜歯する人も多いです。

日常生活 | コメントは受け付けていません。